新人職員研修

まつど育成会には毎年10名前後の職員が入職します。福祉経験者や他職種など様々ですが、その殆どは大学卒業仕立ての社会人1年生です。
毎年3月初めに行われる新人職員研修では、まつど育成会として考える支援のあり方や、人としてのあり方、社会人としてのあり方等をともに学びます。様々な年齢や立場、考えの人たちが、まつど育成会が目指す「あたりまえのくらし」を描いていくために、「人としての尊厳が尊重されるその人らしいくらし」を描いていくために、これから一つのチームになっていかなくてはなりません。
新人研修は、そんなチーム作りのための初めに、入り口となる大切な学びの場となります。ただ聞くだけの“座学”ではありません。グループ討議やロールプレイ、支援の体験なども取り入れながら、語って笑って悩んで、理想の支援者としてのあり方を一人ひとりが見出し、職員同士の新たなつながりを目指しています。

平成25~27年度の研修内容

[3月:新人職員研修]

(座学)7日間
  法人理念、法人成り立ち、事業内容、社会人としての基本的姿勢
  虐待防止法、障害者差別解消法等、リスクマネージメント、服薬管理、緊急時の対応、
  接遇、職員、親御さんとの懇親会等

(ディズニーランド研修)1日
  デイズニーのポリシーを学び、人への接し方、環境への配慮など、支援に生かせことを
  見つけてもらいます。チームを意識して行動することも重要な課題です。

(現場実習)10日以上
  4月から配属になる現場に実際に入り、先輩職員の指導のもと、
  具体的に支援を学んでいきます。

[4月から年度末まで]

(新人教育プログラム)
  障害特性やコミュニケーション、服薬・発作時の対応、個別のプログラムの組み立て、
  アサーションについて等、2ヵ月ごとに課題が出され、学びを重ねていきます。

(新人音楽療法研修)
  法人の音楽療法が目指す自己肯定感の形成を職員の育成にも活かしています。
  非言語コミュニケーションを通し、思いの表出の難しい知的障害の方の
  お気持を体感することにも繋がっています。

(新人教育係の配置)
  教育、とはいうものの、目的は新人職員の気持を支えていくことです。支援の仕事は様々な
  不安やストレスを抱え込みがちです。特に新人のうちは戸惑うことばかりです。
  そんな職員の気持ちに耳を傾け、前向きに支援に向き合っていけるよう、先輩方が支えとなります。
  面談は毎月行われます。2年目職員にも担当がつき、2年目職員の面談は3ヵ月に一度行われます。



社会福祉法人 まつど育成会 〒270-2204 千葉県松戸市六実1-64 TEL:047-389-4172 FAX:047-388-2714